転職について

転職希望者の職歴と退職理由について

転職希望者の職歴と言うのは、採用担当者が一番知りたいことです。
履歴書にはいくつかのタイプがありますが、どんなものでも職歴欄のスペースは多く確保されています。
しかし、全て埋めるのがいいと言うわけではありません。
中高年の転職希望者は経験があるためか、職歴欄をびっしり文字で埋めてしまいがちです。
それでは、訴求ポイントが見えづらくなってしまうでしょう。
また、読み手である採用担当者に負担をかけることにもなります。
かと言って、3行程度で終わってしまっては情報不足です。
適度なボリュームで、自分の職歴の大要を伝えると言うことが大事になってきます。
また、中高年の転職希望者の場合は、退職理由をきちんと書けているかどうか厳しくチェックされます。
単純に退社とだけ書くのは避けましょう。
会社都合の場合は正直に書いて構いません。
しかし、人間関係が嫌で退職した場合は、それを素直に書いてはいけません。
一身上の都合により退職と書くのが基本です。

Copyright© 転職 All Rights Reserved.

転職希望者の職歴と退職理由について
転職